知求塾

やっぱりお前はバカじゃない

2019年1月17日 | admin

こんにちは、知求塾坂口です

 

本棚(漫画や各種書籍を足すと3000冊くらいありました)をここ数年、何度も整理して「読まない本」や「開けてみたけど、当時の『熱』が失われた本」とさよならをしてきました。

 

半分の1500冊を処分、残りを電子書籍に変えしたりしてかなり減り、現在は500冊くらいでしょうか。

 

そんな本の中で生き残った本です。この本は中高生にはぜひ読んでもらいたいですね。

 

「やっぱりお前はバカじゃない」

 

すごいタイトルです。当時の代ゼミ、現在は東進ハイスクールの古文講師の吉野敬介さんの自伝的受験録です。発売は1998年、当時はこの本がバカ売れでした。

 

吉野先生のブログはこちら  ウィキペディアはこちら

 

まず、言っておきますが、無茶苦茶な人です。こういう人になってはいけない、という典型的な話がザクザク出てきます。

*講師になった後も生徒を蹴って(殴って?)書類送検という、昭和のスパルタ教師のような話があります。

そういう、悪さばかりして何度も警察のお世話になったヤンキーが

「彼女に振られた」

ことをきっかけに一大決心。4か月半で数々の大学の合格を手にし、その後、日本一の古文講師として名をはせる、という、現代のミニ太閤記のような本です。

 

吉野先生みたいになろう、とはとても言えない経歴の方ですが、授業への愛とわかりやすさは現役・浪人問わず学生たちから絶大な支持を受けていることもまた事実。

毀誉褒貶ありすぎて、「すげえなあ、この先生・・」という感想しか出てこない方です。(ちなみに、吉野先生作成の問題集、めっちゃわかりやすいです)。

 

なかなかやる気が出なくて…という生徒諸君は一度、読んでみたらいいのではないでしょうか

 

今は本が簡単に買える時代なので、ぜひ。