知求塾

ご質問をいただきました「さかぐち式読書」について

2021年1月13日 | admin

こんにちは!

個別授業+集合授業=いいとこどりのミックス型学習塾!

で子どもたちの学力向上を全力応援! 知求塾のさかぐちです。

本日も愛知県刈谷市、東刈谷より365日毎日更新で学習情報&塾情報をお届けします。

 

今日はご質問をいただきました。ありがとうございます。

 

=ご質問~Kさんより~=

「さかぐち先生はすごく本を読んでいるように思いますが、どのように本を読んでいるのでしょうか。わたしは本を読むとその本を最後まで読み切れなくて挫折感を味わい、その後また焦って本を手に取る繰り返しです。卒論に向けて資料の読み込みもしなければならず、焦(じ)れています。どうやったら本をたくさん読めるるようになるのでしょうか」

 

=回答~Kさんへ~=

こんにちは。知求塾のさかぐちです。ご質問ありがとうございます。そして、毎日ブログにアクセスしてくださっているようで、心より感謝申し上げます。

 

本はすごく読みます(たぶん)。同世代の中でもかなり読書量は多いと思います。年間で20万円くらいは活字本を買っています。また、新聞は毎日新聞の有料アプリを、雑誌はⅾマガジンアプリを購読しています。活字本はほぼkindleで読んでいます。紙媒体で買うと、部屋が本で溢れるためです。

 

ただ、ここが僕の読書法なのですが、「全部読む本は10冊中2冊くらいです」

最初だけちょっと読んで、あとは表紙を見ながら面白そうなところだけ読み、そのまま読まなくなる…という本も結構あります。

 

1冊本を手に入れたらそれを全部読み切ろうとするから心が苦しくなる、ということではないでしょうか。昔ぼくも同じように「読み切らねば」と思って本を読んでいましたので、Kさんのお気持ちをそういう風に推測します。

 

つまらない、興味がわかない、ご縁が無さそうな本は買った時点でその寿命を終えている、と坂口は考えるようになりました。さかぐちの思いとしては、買っただけでその本は「成仏」しているのです。また時期が来ればその本との「ご縁」がつながるかもしれません。

 

積ん読(つんどく)、読み切れない挫折、途中放棄、、、大いにいいと思います。その空いた時間で興味のある本をどんどん買うのはどうでしょうか。細切れの知識でも知ることができるのは素晴らしいことです。

 

ぜひいろいろ試してみて、自分流を確立してくださいね。

健闘を祈っています。

 

 

*ご意見、感想はこちら、お問い合わせから送ってね!

 

 

C こまーしゃる M

 

新入塾生・体験生募集中です。

(小1)~(中3)の新規生徒を募集しています。

各学年、定員がございます。

定員間近学年もございますので、お早めにお問い合わせください。

入塾試験は行っておりません。先着順です。

HP「お問い合わせ」か、

お電話0566-57-2114

を頂ければと思います。