知求塾

ZIP-FMリスナーとしてジェイムス・ヘイブンス氏「解雇」に関して思うこと

2022年1月26日 | admin

こんにちは!

個別対応+集合授業=いいとこどりのミックス型学習塾!

で子どもたちの学力向上を全力応援!知求塾のさかぐちです。

本日も愛知県刈谷市、東刈谷より365日毎日更新で学習情報&塾情報をお届けします

 

本当に塾の話題と全然関係なくてすみません(笑・汗)

先週末名古屋のラジオ界にニュースが走りました。ZIP-FMで30年近くにわたりマイクを握ってきたジェイムスが「契約満了」という名の「解雇」になったと本人のFBで発表がありました。

 

ちなみに僕は、ラジオDJの中で、ジェイムスほど苦手な語り手はいません(苦笑)。でも、好きです。好きなんだけど苦手(故野村監督が久米宏さんのことをそういってましたね)。なぜか気になる。それが僕の中でのジェイムスです。

 

まあ、プロなのでいつかはこういう時が来ます。解雇は言い過ぎかと。

でも、30年近くラジオといえばZIP-FMの僕には「とうとう来たか。。。でも今じゃないと思う」という感じがしました。

*僕だっていつかは知求塾の代表を退く時が来ます。自分で作った塾ですが、自分で引き際を決めなきゃいけないとはいつも思っています。

 

本人のFBの投稿を見ると、30年近く番組を支えた功労者である(そして、かなりのリスナーがついている人気ナビゲーターである彼に)経営者側がやってはいけないことが満載の会議(という名の通告)だったようです。僕だったら絶対にそういう通告は避けます。

 

功労者の扱いは難しい。これは会社員や学校組織、法人に所属したことのある方はみんな知っていることです。

 

ジェイムスがどうかわかりませんが、組織の中で「アンタッチャブル」な存在になっていることが多いし、属人的業務のかたまり、ブラックボックスになっていることもよくあります。こういうのは経営者の大きなストレス要因になります。

 

たしかに、ジェイムスは昼のFM放送とは思えなくらい「品がない」放送をすることがあります(苦笑)。これ大丈夫…じゃないか、、、と思うことが年数回ありますが(なのでヒヤッとする放送は週1くらいである)、ある種の人にとっては「麻薬的に効く」ラジオ放送をできる稀有なキャラです。敵も多いが味方も多い。たぶんそういう人じゃないかと。

 

経営層からすれば煙たい存在かもしれません。

でも、そういう「異分子」を排除する組織って、長くないんですよ。異分子は「変異」したときに「イノベーション」のもとになることができます。はねっかえりの異分子をいかに組織に「統合」するか、統合しすぎたときは「緩めていく」か、そういう手間のかかるマネジメント業務をやれるかどうかが組織の明暗を決めていきます。

 

すべての人が規則に従順じゃいけないし、すべての人が烏合の衆のように自由気儘にふるまうのもダメ。

 

真実は中間にあり。お風呂の温度と一緒です。

 

そう考えると、まだ51歳のジェイムス、ここからさらにひと花咲かせるチャンス到来かもしれません。

逆にZIP-FMは正念場だと思います。良くも悪くも実力者が去ったあとチームが崩壊、、、というのもサッカーに限らず会社組織でもよくあることです

 

 

頑張れジェイムス。まだ20~30年はやれますよ。

 

 

 

 

 

 

*ご意見、相談、感想、体験お申込みはこちら、お問い合わせから送ってね!

 

 

C こまーしゃる M

LINE  友だち追加はこちらから

QRコードでも読み取れます)

                       

 

 

新入塾生・体験生募集中です。

(小1)~(中3)の新規生徒を募集しています。

各学年、定員がございます。

定員間近学年もございますので、お早めにお問い合わせください。

入塾試験は行っておりません。先着順です。

HP「お問い合わせ」か、

お電話0566-57-2114

を頂ければと思います。