知求塾

ちょっとずらして考える~マイナーチェンジコピーとしての読書感想文~

2022年7月31日 | admin

刈谷市&安城市&知立市の皆さんこんにちは!(その他の地域の方もご訪問ありがとうございます)

個別対応+集合授業=いいとこどりのミックス型学習塾!

で子どもたちの学力向上を全力応援!知求塾のさかぐちです。

本日も愛知県刈谷市、東刈谷より365日毎日更新で学習情報&塾情報をお届けします。

 

中学生の読書感想文講座を終えました。

今回使った書籍は「JR時刻表」です。ただ、これだけだと僕の伝えたい真意が伝わらないと思い、女性ファッション雑誌「美人百花」という雑誌を用いてマイナーチェンジコピー品の作文を作りました。

 

文構造がほとんど同じ、ということです。時刻表とファッション誌で当てはめる単語が違うだけで、ほぼ同じ文構造で読書感想文を書いてしまおうという荒業を披露しました。

 

生徒は、この2つの作文の構造が似ていることに気づき、じゃあ、どの作品を当てはめても基本的には同じ話を繰り返せばいいのか、、、と気づく仕組みです。

 

なので、たくさんの生徒アレンジが加わった「マイナーチェンジコピー品」ができました。

 

それでいいのか?という疑問もあるかと思いますが、十分だと思います。

世の中の革新的な製品のほとんどは「そう見える」だけで、「マイナーチェンジコピー品」です。

例えばですが、「i-phone」という製品は革新的製品の代表例と思われがちですが、スマホのプロトタイプはいろいろなベンチャー企業でつくられていました。

i-phoneは上手くアイデアを(ある意味では)乗っ取り、それに装飾を施し、洗練されたマーケティングで売り出した「後発品」です。

 

グーグル検索も、facebookも、ほとんどの巨大企業サービスは後発品です。

つまり、先行するアイデアをマイナーチェンジコピーして発展してきました。

 

真にオリジナルな作品や課題を完成させる必要は全くありません。

マイナーチェンジコピーを繰り返しながら我々は進化してきたのです。

 

今回の作文の元ネタ、つまり、ぼくのお手本ががどんなものか?

気になる方はぜひお問い合わせくださいませ(笑)。

 

 

 

 

C こまーしゃる M

LINE  友だち追加はこちらから

QRコードでも読み取れます)

 

 

新入塾生・体験生募集中です。

(小1)~(高3)の新規生徒を募集しています。

各学年、定員がございます。

定員間近学年もございますので、お早めにお問い合わせください。

入塾試験は行っておりません。先着順です。

HP「お問い合わせ」か、

お電話0566-57-2114

を頂ければと思います。